コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チエンラーイ Chiang Rai

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チエンラーイ
Chiang Rai

タイ北端部にある町。チエンラーイ県の県都。メコン川の流域で,ラーウ川とヤーウ川が合流してゴック川となる地点に位置する。定期便の就航する空港があり,ミャンマーラオスに通じる山間道路の要衝である。13世紀にタイ族のラーンナータイ国の王によって建設された。今日バンコクにある有名なエメラルド仏(→ワット・プラ・ケオ)は,1436年チエンマイに移されるまで町の寺院にあった。周辺にはアカ族ほか多くの山岳少数民族が住み,タバコ,モチイネ,トウモロコシの栽培が盛ん。多くの精米工場があり,チーク材,コーヒー,米の取り引きが行なわれる。人口 6万1188(2000)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チエンラーイの関連キーワードチャイントゥンパヤオ

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android