コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チヂミトサカ(縮鶏冠) チヂミトサカNephthea chabrolii

1件 の用語解説(チヂミトサカ(縮鶏冠)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チヂミトサカ【チヂミトサカ(縮鶏冠) Nephthea chabrolii】

花虫綱チヂミトサカ科の腔腸動物(刺胞動物)。紀伊半島以南からインド洋までの暖海に広く分布し,水深5~20mの岩石に着生する。高さ5~10cmの淡褐色の樹枝状群体をつくる。主幹から数本の枝が出,それらがいくつにも分岐してできた小枝の周囲に棍棒状のポリプが総状についているが,これがこの種の大きな特徴である。ポリプは長さ,幅ともに1mm以下で退縮せず,紡錘状の骨片が縦列に並んでいる。暖海を彩る動物の一つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のチヂミトサカ(縮鶏冠)の言及

【ウミトサカ(海鶏頭)】より

…花虫綱ウミトサカ科Alcyoniidaeとチヂミトサカ科Nephtheidaeに属する腔腸動物(刺胞動物)の総称。8本の触手をもった多くのポリプが集まって高さ10~50cmくらいの群体をつくるが,体が多肉質で,骨軸をもたないので全体は軟らかい。…

※「チヂミトサカ(縮鶏冠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone