チヂミトサカ(縮鶏冠)(読み)チヂミトサカ(英語表記)Nephthea chabrolii

世界大百科事典 第2版の解説

チヂミトサカ【チヂミトサカ(縮鶏冠) Nephthea chabrolii】

花虫綱チヂミトサカ科の腔腸動物(刺胞動物)。紀伊半島以南からインド洋までの暖海に広く分布し,水深5~20mの岩石に着生する。高さ5~10cmの淡褐色の樹状群体をつくる。主幹から数本の枝が出,それらがいくつにも分岐してできた小枝の周囲に棍棒状のポリプが総状についているが,これがこの種の大きな特徴である。ポリプは長さ,幅ともに1mm以下で退縮せず,紡錘状の骨片が縦列に並んでいる。暖海を彩る動物の一つ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチヂミトサカ(縮鶏冠)の言及

【ウミトサカ(海鶏頭)】より

…花虫綱ウミトサカ科Alcyoniidaeとチヂミトサカ科Nephtheidaeに属する腔腸動物(刺胞動物)の総称。8本の触手をもった多くのポリプが集まって高さ10~50cmくらいの群体をつくるが,体が多肉質で,骨軸をもたないので全体は軟らかい。…

※「チヂミトサカ(縮鶏冠)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android