チブサボヤ(英語表記)Didemnum misakiense

世界大百科事典 第2版「チブサボヤ」の解説

チブサボヤ【Didemnum misakiense】

ホヤ綱ウスボヤ科の原索動物。本州太平洋岸からフィリピンにかけて分布し,岩石の下面などに付着している。直径2cmほどの乳房状の突起が集まって大きな厚い肉質のをつくる。赤みがかった橙色で,おのおの突起の先端に開く出孔口は白く縁取られている。個虫は群体の表層に1層に並んでいて,この部分に星状の石灰質小骨片が多数含まれている。【今

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android