原索動物(読み)げんさくどうぶつ

日本大百科全書(ニッポニカ)「原索動物」の解説

原索動物
げんさくどうぶつ

脊索(せきさく)およびその背方に位置する中空の神経管、鰓裂(さいれつ)(咽頭(いんとう)側壁の裂け目)、それに咽頭腹正中を縦走する内柱を、生活史の少なくとも一時期にもつが、脊椎(せきつい)は終生もたない海産動物の総称。脊索を尾部にもつもの(尾索類Urochordata=被嚢(ひのう)類Tunicata)と、それが体全長にわたるもの(頭索類Cephalochordata)とに大別される。冒頭にあげた諸特徴のうち、内柱は脊椎動物の甲状腺(せん)の先駆とみなされ、また脊椎を除くほかの特徴は脊椎動物と共通する。このため、尾索、頭索、脊椎の3動物を系統的に近縁とみなして、脊索動物門Chordataの3亜門にそれぞれ位置づける近年の傾向があるが、前二者を原索動物Protochordataとして独立させる体系もなお用いられている。かつては、半索動物をも原索動物の一員とみなしたが、前者の口盲管と後者の脊索との相同性が否定され、現在では原索動物から除外している。なお、近年、微化石コノドントを体内にもった動物の化石が得られ、これを脊索動物とみなして錐歯索動物亜門(すいしさくどうぶつあもん)Conodontochordataをたてる、あるいは従来棘皮(きょくひ)動物に位置づけられてきた海果類(化石)を、すべての脊索動物の祖先形とみなしてカルキコルダータ亜門Calcichordataをたてる説が提唱されているが、前者は異論が多く、後者もまだ大方の支持を得るに至っていない。

 脊索の構造には多様性が著しく、原索動物の系統進化に関する種々の議論をよんでいる。すなわち、頭索類では、脊索は筋肉性で脊髄神経の支配を受ける。一方、尾索類においては、ホヤ類幼生のあるものや尾虫類では、細胞外基質を扁平(へんぺい)単層上皮が包み込む構造であるが、マボヤやウミタル類の幼生では、一に配列した細胞からなる。なお、脊椎動物では一般に多数の空胞細胞から構成される。

[西川輝昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「原索動物」の解説

げんさく‐どうぶつ【原索動物】

〘名〙 動物分類上の門の一つ。原始的な背骨にあたる脊索(せきさく)が終生または幼時期のみに存在し、頭索類(ナメクジウオ類)と尾索類(ホヤ類・サルパ類)が含まれる。擬索類ギボシムシ類)もかつては含まれたが真正の脊索をもたないことから半索動物として扱われている。脊椎動物と合わせて脊索動物と呼ぶこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

百科事典マイペディア「原索動物」の解説

原索動物【げんさくどうぶつ】

動物界の一門。少なくとも一生の間に脊索や鰓孔(さいこう)をもつこと,また神経がときに神経管をつくる傾向のあることなどを特徴とする。脊索の違いにより,頭索類(ナメクジウオ)と尾索類(ホヤサルパ)が区別される。すべて海生。脊椎動物と合わせて,脊索動物ということもある。
→関連項目脊椎動物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「原索動物」の解説

原索動物
げんさくどうぶつ
Protochordata

原索動物門に属する動物の総称。体制,生活様式はさまざまであるが,終生あるいは一生のある時期に脊索をもつこと,囲鰓腔に囲まれた鰓嚢をもつことなどの共通した特徴をもち脊椎動物に近い動物とされる。すべて海産。頭索類尾索類半索類の3綱に分けられ,1600余種が知られている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「原索動物」の解説

げんさく‐どうぶつ【原索動物】

動物界の一門。一時期あるいは終生脊索せきさくをもち、脊椎せきついはもたない動物。脊椎動物に近縁とされる。尾索類ホヤ頭索類ナメクジウオなどに分けられ、すべて海産。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

栄養・生化学辞典「原索動物」の解説

原索動物

 通常脊索動物門の一群に含める動物の一群であるが,一群を別にする説もある.脊椎骨はなく,脊索,背部神経管,さい裂,囲さい腔,内腔をもつ動物の群.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「原索動物」の解説

げんさくどうぶつ【原索動物 Protochordata】

動物分類上の1門。脊索が生ずるところから脊椎動物門と合わせて脊索動物門とされることもあり,無脊椎動物の中でもっとも脊椎動物に近い動物群である。すべて海産。この動物群に共通している性質は,終生あるいは幼生期に消化管の背側に脊索が存在し,咽頭(いんとう)部の両側に鰓孔(えらあな)の列があり,神経がときに神経管をつくり,内柱をつくることなどである。このような性質は脊椎動物の発生中に現れたり,ある種の脊椎動物と共通している。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の原索動物の言及

【動物】より

…しかし,これらを二つの門に分ける見解もあり,ここでは後者に従っておく。(a)はっきりした頭がなく,体は胴と舵状の尾からなり,軟骨または硬骨の脊柱や頭骨はないもの 〈原索動物門〉が含まれ,これに脊索が幼生の尾部にしかない被囊(ひのう)亜門と,脊索が成体にもあり,体の全長にわたっている頭索(とうさく)亜門がある。被囊亜門はオタマボヤ,ホヤ,サルパの類で,約2500種があり,海生。…

※「原索動物」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android