コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チブルス Tibullus, Albius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チブルス
Tibullus, Albius

[生]前60頃
[没]前19
ローマのエレゲイア詩人。富裕な騎士階級に属し,内乱の間に所有地の一部を没収されたが,生活には困らなかった。文芸保護者メッサラのサークルに属し,ホラチウスと親交があった。作品は『チブルス全集』 Corpus Tibullianum (4巻) に編集されているが,彼が出版したのは最初の2巻 16編で,その他は同じサークルのリュグダムスと女流のスルピキアの詩を含めて死後に出版された。第1巻は大半がデリアと呼ぶ女性に対する愛と失恋の歌,第2巻の半数は遊女ネメシスの不幸な恋を歌っている。愛と並ぶ彼の主要テーマは田園生活の平和と農夫の静かな幸福である。メッサラの誕生日に寄せた歌もある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チブルスの関連キーワードアウグスツス時代の文学灰とダイヤモンド恋さまざまガルス

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android