コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャオパイ(潮白)河 チャオパイがChaobai he

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャオパイ(潮白)河
チャオパイが
Chaobai he

中国北東部を流れる川。ホーペイ (河北) 省北部のイエンシャン (燕山) 山脈に発するチャオ (潮) 河とパイ (白) 河が,ペキン (北京) 直轄市北東部のミーユン (密雲) 県で合流してチャオパイ河となる。従来はそれから南流してトン (通) 県より下流はペイ (北) 運河と呼ばれ,テンチン (天津) でハイ (海) 河に流入していたが,氾濫の多い川であった。 1958年以後,上流にミーユンダムが建設され,また放水路としてチャオパイ新河が掘られ,シャンホー (香河) 県を経てテンチン市に入り,ペイタン (北塘) でポー (渤) 海に注ぐようになった。灌漑面積も飛躍的に増大し,ダムはペキン市の都市用水源にもなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チャオパイ(潮白)河の関連キーワードイエンシャン(燕山)山脈ペキン(北京)直轄市

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android