コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャオ・アヌ Chao Anou

世界大百科事典 第2版の解説

チャオ・アヌ【Chao Anou】

1767‐1829
ラオスのビエンチャン王国の王。在位1804‐29年。シリブンニャサーン王の第3王子。青年時代はタイの王に仕え,ビルマとの戦争に従軍した。1804年ビエンチャン王となり,タイとベトナムの双方に朝貢した。ラオス南部チャンパサック王国の内乱を鎮圧し,その王子ヨーをチャンパサック国王に就けた。25年タイ国王ラーマ2世の葬儀に参列の際,ビエンチャンから連行された住民やラオス王族の返還を新王ラーマ3世に求めたが拒否された。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のチャオ・アヌの言及

【ビエンチャン王国】より

…この占領の際,ルアンプラバンの守護仏プラバン仏とともにビエンチャンの守護仏エメラルド仏像もタイにもち去られた。1804年に即位したチャオ・アヌは,南部ラオスのチャンパサック王国との連合によるラオス独立のためのタイ攻略を行ったが,タイ側の反撃にあって捕らえられ,29年タイのバンコクで辱めを受けて憤死した。ビエンチャン王国は滅ぼされてタイ直轄領となり,住民はタイに強制移住させられた。…

※「チャオ・アヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャオ・アヌの関連キーワードプリーストリー(Joseph Priestly)マイソール戦争総合年表(アメリカ)ピウス8世ユゴー川崎定孝古都アユタヤアユタヤ朝曲亭馬琴ワットプラマハタート

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android