チャガン・トゥーヘ(英語表記)Chaghan Teüke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャガン・トゥーヘ
Chaghan Teüke

16世紀末に書かれたモンゴルの史書。著者不詳。チャガン・トゥーヘとはモンゴル語で「白い歴史」を意味する。オルドスにあったチンギス・ハン廟,すなわち八白室の祭祀について記したもので,フビライ・ハンの律令,その国家統治の学と称するものも記され,元来はフビライの治世時に記されたものとする説もあるが確かでない。仏教的な影響を強く受けており,のちのいくつかの年代記の資料ともなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android