コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャガン・トゥーヘ チャガン・トゥーヘChaghan Teüke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャガン・トゥーヘ
Chaghan Teüke

16世紀末に書かれたモンゴルの史書。著者不詳。チャガン・トゥーヘとはモンゴル語で「白い歴史」を意味する。オルドスにあったチンギス・ハン廟,すなわち八白室の祭祀について記したもので,フビライ・ハンの律令,その国家統治の学と称するものも記され,元来はフビライの治世時に記されたものとする説もあるが確かでない。仏教的な影響を強く受けており,のちのいくつかの年代記の資料ともなっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android