コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャムス(佳木斯)特別市 チャムスJiamusi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャムス(佳木斯)〔特別市〕
チャムス
Jiamusi

中国東北地方,ヘイロンチヤン (黒竜江) 省東部にある新興工業都市。チャムス市区と1市8県から成る。ソンホワ (松花) 江がシヤオシンアンリン (小興安嶺) 山脈とチャンコワンツァイリン (張広才嶺) 山脈の間を抜けてサンチヤン (三江) 平原に出る地点にあり,水運の要地として発達。日本占領の「満州国」時代に三江省の省公署がおかれ,鉄道も敷かれて,山地の森林資源や石炭資源開発の根拠地となった。機械製造,製紙,木材加工,紡織,食品加工などの工場や火力発電所がある。ハーチヤ (哈佳) 鉄道とムーチヤ (牡佳) 鉄道が接続するほか,炭鉱のあるホーカン (鶴崗) 市とショワンヤーシャン (双鴨山) 市に支線が出ている。無霜期4ヵ月,年平均気温 2.4℃であるが,野菜を自給している。人口 285万 2979,うち市区人口 65万 9730 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャムス(佳木斯)特別市の関連キーワードイーラン(依蘭)鎮

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android