チャリョン(車嶺)山脈(読み)チャリョンさんみゃく(英語表記)Ch'aryǒng sanmaek

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャリョン(車嶺)山脈
チャリョンさんみゃく
Ch'aryǒng sanmaek

朝鮮半島の中部を北東から南西方向に延びる山脈。半島の東岸に連なるテベク (太白) 山脈からオデ (五台) 山付近で分岐し,南西はファン (黄) 海に入ってコグンサン (古群山) 群島をなす。北部はナムハン (南漢) 江の上流域で,中部以南は東がクム (錦) 江,西がサプキョ (挿橋) 川などの流域である。模式的な老年期地形で,南半は準平原の間に丘陵性の残丘が分布する。南部のケリョン (鶏竜) 山は名山で国立公園に指定されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android