コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老年期地形 ろうねんきちけいlandform of old age

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老年期地形
ろうねんきちけい
landform of old age

W.デービス浸食輪廻説による地形のなかで,壮年期地形に次ぐ段階の地形。山地では従順山形を示す晩壮年期以後で,山地は低下し,丸みを帯びた低い山地から丘陵群となり,波浪状の起伏を呈するようになる。河川は浸食力が著しく減退し,広い河床に堆積が行われ,河道は蛇行する。谷の横断形は浅く広く,ゆるやかな傾斜をもって山腹に移り変る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ろうねんきちけい【老年期地形】

地形輪廻りんねの後期に現れる地形。壮年期地形がさらに開析され、山は丸みを帯び、谷は傾斜が緩やかになり、川は広い氾濫原を蛇行して流れる。全体になだらかで起伏が小さい。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

老年期地形の関連キーワードチュンチョンナム(忠清南)道ピョンヤン(平壌)準平原チャリョン(車嶺)山脈マレー半島阿武隈高地大韓民国関東地方原地形

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android