老年期地形(読み)ろうねんきちけい(英語表記)landform of old age

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「老年期地形」の解説

老年期地形
ろうねんきちけい
landform of old age

W.デービス浸食輪廻説による地形のなかで,壮年期地形に次ぐ段階の地形。山地では従順山形を示す晩壮年期以後で,山地は低下し,丸みを帯びた低い山地から丘陵群となり,波浪状の起伏を呈するようになる。河川は浸食力が著しく減退し,広い河床に堆積が行われ,河道は蛇行する。谷の横断形は浅く広く,ゆるやかな傾斜をもって山腹に移り変る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「老年期地形」の解説

ろうねんき‐ちけい ラウネン‥【老年期地形】

〘名〙 地形の侵食輪廻の晩期に見られる地形。ゆるやかな丘陵が連なり、平野部では幅の広い川が蛇行して流れる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android