コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老年期地形 ろうねんきちけいlandform of old age

4件 の用語解説(老年期地形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

老年期地形
ろうねんきちけい
landform of old age

W.デービス浸食輪廻説による地形のなかで,壮年期地形に次ぐ段階の地形。山地では従順山形を示す晩壮年期以後で,山地は低下し,丸みを帯びた低い山地から丘陵群となり,波浪状の起伏を呈するようになる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ろうねんき‐ちけい〔ラウネンキ‐〕【老年期地形】

浸食輪廻(りんね)の晩期にみられる地形。山は丸みを帯びて起伏が小さくなり、谷幅は広がって川は蛇行して流れる。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ろうねんきちけい【老年期地形】

地形輪廻りんねの後期に現れる地形。壮年期地形がさらに開析され、山は丸みを帯び、谷は傾斜が緩やかになり、川は広い氾濫原を蛇行して流れる。全体になだらかで起伏が小さい。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone