コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンシッター Kyansittha

世界大百科事典 第2版の解説

チャンシッター【Kyansittha】

1040‐1113
ミャンマーのパガン朝第3代の国王。在位1084‐1113年。碑文に現れる名前はティーラインミン。サンスクリットの称号はシュリ・トリブワナ・アディトヤ・ダンマ・ラージャ(吉祥三界太陽法王)。チャンシッターの名は,〈チャン〉がパガン時代のビルマ語カランを語源として〈官吏〉を意味し,〈シッター〉が〈兵士〉の意味で,その出自が非王族であることを示唆している。アノーヤターの死後王位を継承したソールーがモン族の反乱で殺された後,不安定となった国内を収拾するため推戴されて王位に就いた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャンシッターの関連キーワードウラジーミル・モノマフ永久ウラジーミル2世(モノマフ)日本年号一覧アンジュー家荘園整理令長久荘園整理令矢作建設工業回転ずし業界

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android