チャンデルナゴル(読み)ちゃんでるなごる(英語表記)Chandernagor

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チャンデルナゴル
ちゃんでるなごる
Chandernagor

インド東部、西ベンガル州東部の都市。シャンデルナゴルともいう。コルカタ(カルカッタ)の北34キロメートル、フーグリ川沿岸に位置する。人口16万5300(2002推計)。1673年フランス東インド会社が建設し、以後イギリスとの間で争奪を繰り返したが、インド南部のポンディシェリとともにフランスのインド貿易の拠点であった。1950年インドに返還された。郊外にジュートや綿織物の工場がある。

[貞方 昇]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のチャンデルナゴルの言及

【チャンダンナガル】より

…インド北東部,西ベンガル州カルカッタ北方約34kmにあるジュート工業中心地。チャンデルナゴルとも呼ばれる。旧フランス領シャンデルナゴルChandernagore。…

※「チャンデルナゴル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android