チャンデーラ朝(読み)チャンデーラちょう(英語表記)Candella

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

10世紀から 14世紀初めまでインド中央部で栄えた王朝チャンデッラ朝とも呼ばれる。9世紀初めプラティーハーラ朝のもとにあってブンデルカンドで王朝を建て,10世紀にヤショーバルマンとダンガの父子勢力を広げて,中央インドの有力な王朝となった。 12世紀になると再び強力となったが,ゴール朝軍隊進攻にあい,1203年の敗戦後は衰亡,1311年頃ハルジー朝に滅ぼされた。都カジュラーホには有名な寺院群があり,王朝の繁栄を偲ばせる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のチャンデーラ朝の言及

【チャンデッラ朝】より

…中央インドの王朝。チャンデーラ朝とも呼ばれる。10世紀ブンデールカンド地方(当時のジェージャーカ・ブクティ)に興り,プラティーハーラ朝に服属したが,その衰退にともない,10世紀末に独立して北インドの有力な王朝となった。…

※「チャンデーラ朝」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android