コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンドス(男・公家) チャンドス[だん・こうけ]Chandos, Barons and Dukes of

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンドス(男・公家)
チャンドス[だん・こうけ]
Chandos, Barons and Dukes of

イギリスの貴族の家柄。爵位はブリッジズ家によって保有された。ヘンリー8世時代に武人として名を揚げ,メアリー1世時代にロンドン塔長官をつとめ,旧教徒として彼女の旧教政策を助けたジョン (1490頃~1556) が,T.ワイアットの反乱鎮定に尽した功により,1554年初代チャンドス男爵となったのが最初。セントアンドルーズ大学学長をつとめるとともに,ヘンデルのパトロンでもあった9代ジェームズ (1673~1744) が 1719年初代チャンドス公爵となったが,3代公の死によって 89年いったん断絶,1822年3代公の婿にあたるバッキンガム侯 R.グレンビル (76~1839) がバッキンガム・チャンドス公爵としてこの称号を復活させたが,それも 80年に消滅。しかし3代公の子孫で,W.チャーチル戦時内閣の閣僚をつとめた O.リトルトン (93~1972) が,1954年チャンドス子爵となって,復活させた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android