コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーノカイト系列 チャーノカイトけいれつcharnockite series

岩石学辞典の解説

チャーノカイト系列

岩石の系列で,ハイパーシン花崗岩(charnockite)からノーライト(norite)に似た輝岩(pyroxenite)に至る範囲の岩石からなり,全体を通じて紫蘇輝石(hypersthene)が存在する特徴がある.カルカッタの都市の基礎を作ったチャーノック(Job Charnock)の墓石に用いられたのがチャーノカイト(charnockite)で花崗岩的な岩石である.この名称はホランドが提案し,チャーノカイトとチャーノカイト系列の名称は,成因的にインドの岩石と関係が証明されない限り,インド以外の岩石には用いないように希望を述べている[Holland : 1900].同様の岩石は他の地域でも発見されており,特にアフリカのものについてはグローブスが記載している[Groves : 1935].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

チャーノカイト系列の関連キーワードRGチャ・チャ・チャ良知真次沙也佳米澤雄馬ボクらの夢によろしくBeginning舞曲チャータム教会中島史恵

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android