コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーノカイト系列 チャーノカイトけいれつ charnockite series

1件 の用語解説(チャーノカイト系列の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

チャーノカイト系列

岩石の系列で,ハイパーシン花崗岩(charnockite)からノーライト(norite)に似た輝岩(pyroxenite)に至る範囲の岩石からなり,全体を通じて紫蘇輝石(hypersthene)が存在する特徴がある.カルカッタの都市の基礎を作ったチャーノック(Job Charnock)の墓石に用いられたのがチャーノカイト(charnockite)で花崗岩的な岩石である.この名称はホランドが提案し,チャーノカイトとチャーノカイト系列の名称は,成因的にインドの岩石と関係が証明されない限り,インド以外の岩石には用いないように希望を述べている[Holland : 1900].同様の岩石は他の地域でも発見されており,特にアフリカのものについてはグローブスが記載している[Groves : 1935].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チャーノカイト系列の関連キーワード花崗岩系列ハイパーキネマティック花崗岩コートランド系列ハイパーシン質岩系ハイパーポタッシク型花崗岩チャーノック岩ハイパーソルバス花崗岩正長石ノーライトバグ岩系列ハイパーシン斑糲岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone