コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紫蘇輝石 しそきせきhypersthene

4件 の用語解説(紫蘇輝石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

紫蘇輝石
しそきせき
hypersthene

斜方輝石の一種。 (Mg,Fe)SiO3 。ハイパーシンともいう。比重 3.45~3.58,硬度5~6。頑火輝石 MgSiO2 (Enと略記) と斜方鉄ケイ輝石 FeSiO3 (Fsと略記) を端成分とする斜方輝石連続固溶体のうち,En50~En70 (分子比) の組成領域のものをいう。 En70~En90 のものは古銅輝石,En90~En100 のものは頑火輝石という。これらの斜方輝石は各種火成岩中に産するが,特に安山岩石英安山岩では石基,斑晶の両方にごく普通。アルカリ岩中には産しない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

しそきせき【紫蘇輝石】

斜方輝石の一。鉄・マグネシウムのケイ酸塩鉱物。黄褐色ないし暗褐色の柱状結晶。火成岩造山鉱物として産する。ハイパーシン。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

紫蘇輝石
しそきせき
hypersthene

斜方輝石に属する頑火輝石の一種。柱状結晶で、安山岩、デイサイト(石英安山岩)などの斑晶(はんしょう)として普通に産する。また、特殊な斑糲(はんれい)岩、チャーノッカイトとよばれる高温でできた広域変成岩石、接触変成岩中にも産する。頑火輝石と鉄珪輝石の固溶体のうち、頑火輝石成分が70~50%のものをいう。現在では鉱物学上独立した鉱物名としては扱わない。英名は、かつて角閃(かくせん)石と混同されていたため、角閃石より硬いので、非常に強いという意味のギリシア語に由来し、和名は色による。[松原 聰]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

紫蘇輝石の関連キーワード輝石緑柱石アクアマリンエメラルドエンスタタイトロードナイト

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone