チャールス ブラッキーン(英語表記)Charles Brakeen

20世紀西洋人名事典の解説

チャールス ブラッキーン
Charles Brakeen


1940.3.13 -
米国のジャズ奏者。
オクラホマ州生まれ。
初めピアノ、バイオリンを学ぶ。1956年カリフォルニアでデイブ・パイクらと共演後、’66年にはニューヨークに進出、デビッド・アイゼンソン、ドン・チャリーらと共演。その後ピアニストジョアンと結婚し、’70年代にはフランク・ロウのサイドマンも務める。また、ポール・モチアン3に在籍して「レ・ボヤージ」にも録音を残したほか、自己のアルバム「リズムX」もある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android