チャールズ コリア(英語表記)Charles M. Correa

20世紀西洋人名事典「チャールズ コリア」の解説

チャールズ コリア
Charles M. Correa


1930 -
インドの建築家。
インドのハイデラバード生まれ。
1955年MITのマスターを取得する。「ニューボンベイ」計画主任建築家、ボンベイ都市圏開発庁を経て、住宅審議会議長となる。彼の建築は非常に知的である。その建築の構成法は、「ベランダの建築」と表現される。代表的作品であるボンベイのカンチャンジャンガ・アパートメントは、高層アパートにおけるベランダの形態的、機能的取り扱いがメインテーマとなっている。他に、ガンジー記念館、リックセンターなど。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

マイナポイント

マイナンバーカードを活用した国の消費活性化策で付与される全国共通の買い物用ポイント。2020年東京五輪・パラリンピック後の景気の落ち込み防止、マイナンバーカードの普及拡大、キャッシュレス決済の促進を目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android