チュイチン(曲靖)地区(読み)チュイチン(英語表記)Qujing

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュイチン(曲靖)〔地区〕
チュイチン
Qujing

中国西南地方,ユンナン (雲南) 省東部の地区。ティエントン (滇東) 高原の山地,丘陵地にあり,ナンパン (南盤) 江の源流部が谷を刻む。チュイチン市ほか7県と1自治県から成り,行政中心地はチュイチン市にある。イネ,トウモロコシコムギのほか,タバコ,アブラナサトウキビナンキンマメなどを栽培する。ユンイエン (雲煙) の名で知られる葉たばこの主産地の一つである。シュワンウェイ (宣威) 県はハム,シュンティエン (尋甸) ホイ (回) 族イ (彝) 族自治県はヤンリン (楊林) 酒を特産。地下資源はホイツォー (会沢) 県の鉛と亜鉛が知られる。いくつかの県に化学肥料工場がある。カルスト地形が発達している。クイクン (貴昆) 鉄道が通る。住民は漢族,イ族,ホイ族,ミヤオ族。人口 522万 7740 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android