コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュウファナッツ Cyperus esculentus; chufa nut; earth almond

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュウファナッツ
Cyperus esculentus; chufa nut; earth almond

カヤツリグサ科の多年草。北アメリカ,ヨーロッパ,アジアなどに産し,また栽培もされる。ショクヨウガヤツリとも呼ばれる。茎は高さ 20~100cm,葉は線形で茎と同長。7月頃小穂を散形状に頂生する。細長い地下茎を出しその先に塊茎をつける。塊茎は長楕円形で長さ 13~18mm,内部は白色で糖分や脂肪に富み風味がよく食用にする。また,この塊茎をしぼって得たジュースはスペインなどで清涼飲料とされる。植物体にかなりの量の油を含み,この油をチュウファオイル,タイガーナッツオイルなどと呼ぶ。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チュウファナッツの関連キーワードカヤツリグサ科

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android