チュソバヤ川(読み)チュソバヤがわ(英語表記)reka Chusovaya

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チュソバヤ川
チュソバヤがわ
reka Chusovaya

ロシア中西部,スベルドロフスク州ペルミ地方を流れる川。ボルガ川支流カマ川の左岸支流。全長 592km。流域面積 2万3000km2ウラル山脈中部東斜面に源を発し,北流したのち北西流して西斜面を流下,チュソボイから西流してペルミ上流のカマ川に注ぐ。下流部はカマ発電所の建設により水位が上がった。上流部とその支流に工場用貯水池が多数つくられている。11月中旬~4月中旬は結氷。約 500kmが木材流送に利用され,チュソボイより下流は航行可能。沿岸主要都市はペルボウラリスク,チュソボイ。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android