コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

木材流送 もくざいりゅうそう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

木材流送
もくざいりゅうそう

川の流れを利用して木材を搬出すること。奥山で伐採された木材は谷川を管流しされ,中途で集められてに組まれ,さらに下るに従って何回も大きな筏に組替えられて,下流の木材集積地まで流送された。上流の小型の筏を山筏,下流の大型の筏を里筏,筏を組む地点を筏場という。筏師は1日行程の区間で,順次乗継いでいった。古来行われてきた方法で,かつては木材の主要な運搬方法であったが,ダムの建設や道路網の発達などにより衰退した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

木材流送の関連キーワードニジニャヤトゥングスカ川マンポ(満浦)市ブイチェグダ川カムチャツカ川カレリア共和国チュソバヤ川大アニュイ川チュムイシ川オリョクマ川ベリーカヤ川ピャオゼロ湖キレンガ川北ソシバ川ギリュイ川トポゼロ湖バイカル湖ペンジナ川アバカン川トゥイム川カズイム川

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android