コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンクモヒトデ Amphiura koreae

世界大百科事典 第2版の解説

チョウセンクモヒトデ【Amphiura koreae】

クモヒトデ綱スナクモヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。本州,四国,九州から朝鮮海峡にかけ分布し,陸棚上の泥底中に潜って生活する。盤の直径は0.8cm,腕の長さ約4cm。盤は淡青色または淡朱色で,腕は淡黄色。盤の表面は小さいうろこで覆われている。泥の中から腕を水中に出してふるが,これは管足から粘液を分泌して海中のプランクトンを集め,口へもっていくためである。海底にたまっている有機物をも管足につけて食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone