コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウセンクモヒトデ Amphiura koreae

1件 の用語解説(チョウセンクモヒトデの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チョウセンクモヒトデ【Amphiura koreae】

クモヒトデ綱スナクモヒトデ科の棘皮(きよくひ)動物。本州,四国,九州から朝鮮海峡にかけ分布し,陸棚上の泥底中に潜って生活する。盤の直径は0.8cm,腕の長さ約4cm。盤は淡青色または淡朱色で,腕は淡黄色。盤の表面は小さいうろこで覆われている。泥の中から腕を水中に出してふるが,これは管足から粘液を分泌して海中のプランクトンを集め,口へもっていくためである。海底にたまっている有機物をも管足につけて食べる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョウセンクモヒトデの関連キーワード棘皮動物鬼海星雲斗雲肘木蜘蛛海星手蔓藻蔓モヒ八手海星彼も人なりわれも人なり海星

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone