コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝鮮海峡 ちょうせんかいきょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

朝鮮海峡
ちょうせんかいきょう

韓国ではテハン (大韓) 海峡。長崎県対馬朝鮮半島の間の海峡。対馬海峡西水道とも呼び,これに対して対馬と壱岐の間の狭義の対馬海峡を,対馬海峡東水道と呼ぶ。下関と釜山を結ぶ関釜フェリーが通る。 (→対馬海峡 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

朝鮮海峡【ちょうせんかいきょう】

韓国側からは大韓海峡,日本側からは対馬海峡西水道とも。朝鮮半島と対馬の間の海峡で,幅約200km,最狭部約50km。最深部は約210mで,水深200m以深の部分は幅5km,長さ60kmの海釜(かいふ)をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょうせんかいきょう【朝鮮海峡】

朝鮮半島と日本の対馬の間の国境をなす海峡。韓国側からは大韓海峡,日本側からは対馬海峡の西水道とよぶこともある。最狭部は50kmで,晴れた日には対馬から対岸の釜山,巨済島が肉眼で見える。最深部は210m。古くから朝鮮と日本を結ぶ重要な航路とされ,半島・大陸方面への使節の往来はもちろん,13世紀のモンゴルの日本侵略,16世紀の豊臣秀吉の朝鮮侵略のルートとなった。東シナ海から暖流対馬海流が北上し,イカ,ブリ,タイなど魚種の豊富な漁場となっている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょうせんかいきょう【朝鮮海峡】

朝鮮半島と日本の対馬つしまとの間にある海峡。日本海と東シナ海を結ぶ。対馬海流が北東に流れ好漁場をなす。対馬海峡西水道。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

朝鮮海峡
ちょうせんかいきょう

朝鮮半島と対馬(つしま)の間の海峡。韓国(大韓民国)では大韓海峡とよぶ。長さと幅はそれぞれ約200キロメートルであるが、もっとも狭いところで50キロメートルほどになる。最深部は210メートルで、古くから日本と朝鮮半島との間をつなぐ主要海路であった。対馬の北西部の海には海底盆があり、東シナ海と日本海との境界をなす。海底には大陸棚が広がり、階段状となっているが、朝鮮半島側がより傾斜が緩やかである。対馬暖流が北上し、朝鮮半島南部海岸に好漁場をつくり、タラ、タチウオ、カキ、イカ、ノリなどの海産物がとれる。現在、下関(しものせき)と釜山(ふざん)をつなぐ定期航路として関釜(かんぷ)フェリーが運航されている。[森 聖雨]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の朝鮮海峡の言及

【対馬海峡】より

…中央に横たわる対馬の東,壱岐までの間を東水道,対馬の西を西水道ともいう。狭義の対馬海峡は東水道を指し,西水道を朝鮮海峡ということもある。両水道とも幅は最短部で50km。…

※「朝鮮海峡」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

朝鮮海峡の関連キーワードチョウセンクモヒトデソベク(小白)山脈吾瓮海人烏摩呂美津島[町]対馬舟状海盆国際重要海峡朝鮮海峡線ズワイガニ仲家太郎吉ホ・ナムギ梶井 剛金田城跡依仁親王筑羅が沖慶尚南道九州地方対馬線許南麒対馬市つしま

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

朝鮮海峡の関連情報