コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウチンミドロ Dichotomosiphon tuberosus (Braum) Ernst

1件 の用語解説(チョウチンミドロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チョウチンミドロ【Dichotomosiphon tuberosus (Braum) Ernst】

沖縄地方の水田や溝などに生育する毛状の緑藻で,和名は体の先端に球形の生卵器をもつようすが提灯に似ることに由来する。体は多核で,太さ40~110μm,高さ10cmくらいまでになり,規則正しく叉(さ)状に分枝し,枝の基部にはくびれがある。しかし細胞を仕切る隔壁はない。体が多核管状であることから,海産緑藻のミルイワヅタなどとともにミル目(またはクダモ目)に分類する場合が多いが,卵と精子による有性生殖を行うこと,葉緑体のほかにクロロフィルを含まない白色体をもつことなどの特徴を重視して,チョウチンミドロ目Dictyosiphonalesを設立する学者もある(フェルドマンJ.Feldmann,1954)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョウチンミドロの関連キーワード刺毛淡水藻網みどろ冠毛菰角好熱菌カワノリ好冷細菌水産植物立木(りゅうぼく)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone