チョウチンミドロ(英語表記)Dichotomosiphon tuberosus (Braum) Ernst

世界大百科事典 第2版の解説

チョウチンミドロ【Dichotomosiphon tuberosus (Braum) Ernst】

沖縄地方の水田などに生育する毛状の緑藻で,和名は体の先端球形生卵器をもつようすが提灯に似ることに由来する。体は多核で,太さ40~110μm,高さ10cmくらいまでになり,規則正しく叉(さ)状に分し,枝の基部にはくびれがある。しかし細胞を仕切る隔壁はない。体が多核管状であることから,海産緑藻のミルイワヅタなどとともにミル目(またはクダモ目)に分類する場合が多いが,卵と精子による有性生殖を行うこと,葉緑体のほかにクロロフィルを含まない白色体をもつことなどの特徴を重視して,チョウチンミドロ目Dictyosiphonalesを設立する学者もある(フェルドマンJ.Feldmann,1954)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android