コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッピング・トゥール チョッピング・トゥールchopping tool

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョッピング・トゥール
chopping tool

礫の一部を打欠いてつくった両刃の石器。前期旧石器時代に特徴的である。 H.L.ムビアスは,これを片刃のチョッパーとともに東南アジアにおける石器製作の伝統として,西方の握斧文化に対置させた。中国の周口店やジャワのパチタン文化にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のチョッピング・トゥールの言及

【旧石器時代】より

… オルドバイ峡谷では,ほぼ100万年前を境界として,前期旧石器時代文化が二つに分かれている。古い方は猿人の手になったオルドバイ文化で,チョッパーやチョッピングトゥールを主体としている。これらの石器は,自然礫の一端だけに加工した単純なもので,片側から打ち欠いたのがチョッパー(片刃の礫器),両側から打ち欠いて刃をつけたのがチョッピングトゥール(両刃の礫器)と呼ばれている。…

※「チョッピング・トゥール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

号泣

[名](スル)大声をあげて泣くこと。泣き叫ぶこと。「遺体にとりすがって号泣する」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「大声をあげて泣く」で使う人が34....

続きを読む

コトバンク for iPhone