コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョッピング・トゥール チョッピング・トゥール chopping tool

1件 の用語解説(チョッピング・トゥールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョッピング・トゥール
チョッピング・トゥール
chopping tool

礫の一部を打欠いてつくった両刃の石器。前期旧石器時代に特徴的である。 H.L.ムビアスは,これを片刃のチョッパーとともに東南アジアにおける石器製作の伝統として,西方の握斧文化に対置させた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のチョッピング・トゥールの言及

【旧石器時代】より

… オルドバイ峡谷では,ほぼ100万年前を境界として,前期旧石器時代文化が二つに分かれている。古い方は猿人の手になったオルドバイ文化で,チョッパーやチョッピングトゥールを主体としている。これらの石器は,自然礫の一端だけに加工した単純なもので,片側から打ち欠いたのがチョッパー(片刃の礫器),両側から打ち欠いて刃をつけたのがチョッピングトゥール(両刃の礫器)と呼ばれている。…

※「チョッピング・トゥール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チョッピング・トゥールの関連キーワード石核石器タルドノア文化凍て付く旧石器土室刀剣打欠く練薬両刃の剣剝片石器

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone