コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

周口店 シュウコウテン

3件 の用語解説(周口店の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゅうこうてん〔シウコウテン〕【周口店】

中国、北京南西にある遺跡。北京原人の発見地。チョウコウティエン。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

周口店
しゅうこうてん / チョウコウティエン

中国、北京(ペキン)の南西約50キロメートルにある旧石器時代の洞穴遺跡群。化石出土地や文化遺跡は二十数か所に及ぶが、旧石器時代前期の第13地点、第1地点(猿人洞)、第15地点、同後期の山頂洞などが代表的である。1927年にカナダのブラックD. Black(1884―1934)が、それまでに発見された3本の臼歯(きゅうし)に対して北京原人と命名し、学界に発表して一躍有名になった。以来、戦争による中断はあったが、発掘が続けられ、現在も中国科学院古脊椎(せきつい)動物与古人類研究所によって継承されている。出土した人骨や石器など多量の資料は、遺跡に接して建てられた北京猿人展覧館に展示公開されており、また遺跡も周遊できるように整備されている。この遺跡は1987年に世界遺産の文化遺産として登録されている(世界文化遺産)。[片岡 肇]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

周口店の関連キーワードアンダーソンシナントロプスジャワ原人上洞人北京官話北京原人周口店遺跡テイヤールドシャルダンホモエレクトゥス周口店の北京原人遺跡

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

周口店の関連情報