コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

両刃(読み)リョウバ

デジタル大辞泉の解説

りょう‐ば〔リヤウ‐〕【両刃】

刃物で、刃先の断面の左右両側に刃がついていること。また、その刃物。「両刃の包丁」⇔片刃
刀剣などで、鎬(しのぎ)を境に両方に刃がついていること。また、その刃物。もろは。「両刃のかみそり」⇔片刃

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

りょうば【両刃】

刃物で両面または両側に刃がついていること。また、そのもの。諸刃もろは。 「 -の剣」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の両刃の言及

【刃物】より

…二つの面が鋭く交わる刃先cutting edgeによって,切り,削り,彫る道具の総称。剣のように身の両側に刃がつくものを諸刃(もろは)または両刃(りようば),刀のようにその片側に刃がつくものを片(偏)刃(かたは)と呼ぶ。こうした呼び分けは,日本では奈良時代以来行われ,〈かたな〉の語も片刃(〈な〉は刃の古称)に由来する。…

※「両刃」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

両刃の関連情報