チョモ・レンゾー山(読み)ちょもれんぞーさん(英語表記)Chomo Lönzo

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チョモ・レンゾー山
ちょもれんぞーさん
Chomo Lnzo

ネパール・ヒマラヤ山脈、マカルー山の北東約3キロメートルの山稜(さんりょう)上にそびえる山。標高7790メートル。1921年イギリスのエベレスト遠征隊がこの山麓(さんろく)を通ってエベレスト山に入ったため、古くから知られていた。しかし、中国(チベット)領内にある関係で、第二次世界大戦後は入国がむずかしく、1954年10月フランス隊は越境して初登頂を果たした。ただしこの公表はしばらく内密とされた。[金子史朗]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android