コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョレイマイタケ(猪苓舞茸) チョレイマイタケGrifola umbellata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョレイマイタケ(猪苓舞茸)
チョレイマイタケ
Grifola umbellata

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科。ハンノキ,ミズナラ,モミジなど広葉樹の生きている根の上または切り株や倒木の上に菌核を生じ,これを猪苓 (イノシシの糞の意) という。猪苓はショウガの地下茎のように不規則な塊状で,色は黒く充実した組織から成り,これからキノコが生える。キノコの茎は数回分枝して細くなり,その先端にそれぞれ小さな扇形またはへら形の傘を生じ,それが互いに重なり合う。傘の厚さ2~5mmで表面の色は淡い黒褐色またはねずみ色。柄の色はさらに淡い。日本の北陸,東北,北海道地方,中国,ヨーロッパ,北アメリカに分布する。猪苓は漢方薬で利尿の効果がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チョレイマイタケ(猪苓舞茸)の関連キーワードマイタケ(舞茸)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android