コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

猪苓 チョレイ

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典の解説

ちょれい【猪苓】

漢方薬に用いる生薬(しょうやく)の一つ。サルノコシカケ科チョレイマイタケ菌核(きんかく)を乾燥したもの。ブナの根に寄生する。利尿解熱止渇(しかつ)などの作用がある。膀胱(ぼうこう)炎尿道炎腎盂(じんう)炎に効く猪苓湯(とう)腎炎むくみ急性胃腸炎に効く五苓散(ごれいさん)などに含まれる。

出典|講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ちょれい【猪苓 Grifola umbellata (Pers.) Pilát】

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ科のキノコであるチョレイマイタケが地下につくる菌核。猪苓とはイノシシの糞(ふん)の意味。菌核は黒く,凹凸が多く,平たく,古い大きなショウガ根に形は似る。ハンノキカエデクヌギなどの根に寄生し,地下にかたまって形成される。肉は白く,これを薄く切って漢方薬として重用される。秋,この菌核から地上にキノコが発生する。キノコは1本の茎から幾回も枝を分け,各枝の先端に直径2~4cmの円い,浅い漏斗形の小型のかさをつける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ちょれい【猪苓】

担子菌類ヒダナシタケ目サルノコシカケ亜目に属するチョレイマイタケの菌核。地中に形成され、生薬として利尿・解熱・止渇薬に用いる。秋、菌核からマイタケに似たきのこが生じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

猪苓 (チョレイ)

植物。サルノコシカケ科の担子菌類,薬用植物。チョレイマイタケの別称

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

猪苓の関連キーワードチョレイマイタケ(猪苓舞茸)マイタケ(舞茸)茵蔯五苓散薬用菌類煎じ薬阿膠

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android