コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリアンパープル Tyrian purple

色名がわかる辞典の解説

チリアンパープル【Tyrian purple】

色名の一つ。古代フェニキアの港チルに由来するみの強いのこと。地中海産ホネガイのパープル腺から出る粘液で染めたと伝えられる。フェニキアは地中海沿岸に発展した古代都市で、商業と航海技術に優れており、紀元前15~12世紀ごろに繁栄をきわめた。色名は現代でも宝飾品、衣料品、インテリア用品などに用いられている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内のチリアンパープルの言及

【モーブ】より

…モーブは赤紫色染料でサフラニン系の塩基性アジン染料と推定される。パーキンは57年にこの染料を工業的に製造し〈チリアンパープル〉と名づけて売り出したが,イギリスではあまり評判がよくなく,フランスで〈モーブ〉(野生の草花の名,アオイの仲間)という名で売り出し有名となった。モーブそのものの実用価値は低かったが,この発明が世界中の染料工業の出発点となり,さらに今日の合成化学の発展の源となった意義は大きい。…

※「チリアンパープル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

チリアンパープルの関連キーワードインジゴイド染料モーブ

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android