コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チレンブエの反乱 チレンブエのはんらん

1件 の用語解説(チレンブエの反乱の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

チレンブエのはんらん【チレンブエの反乱】

1915年1月末,アフリカ南部,内陸のニヤサランド(当時イギリス保護領,現在のマラウィ)のアフリカ人キリスト教徒ジョン・チレンブエJohn Chilembwe(?‐1915)とその一党が白人農場主4人を殺傷し,弾薬庫を襲撃したが,植民地政府当局の報復で鎮圧された事件。反乱の動機は,農場主がモザンビーク人労働者を移入して以降の現地人の労働条件の悪化,第1次大戦勃発後のイギリス軍による現地兵大量徴発にあった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

チレンブエの反乱の関連キーワードボツワナアフリカ菫アフロブラックアフリカホワイトアフリカ南アフリカSADCサブサハラアフリカ汎アフリカ主義北阿

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone