コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チレンブエの反乱 チレンブエのはんらん

世界大百科事典 第2版の解説

チレンブエのはんらん【チレンブエの反乱】

1915年1月末,アフリカ南部,内陸のニヤサランド(当時イギリス保護領,現在のマラウィ)のアフリカ人キリスト教徒ジョン・チレンブエJohn Chilembwe(?‐1915)とその一党が白人農場主4人を殺傷し,弾薬庫を襲撃したが,植民地政府当局の報復で鎮圧された事件。反乱の動機は,農場主がモザンビーク人労働者を移入して以降の現地人の労働条件の悪化,第1次大戦勃発後のイギリス軍による現地兵大量徴発にあった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

チレンブエの反乱の関連キーワードジョゼフ ブースマラウイブース

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android