コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンハイ(青海)湖 チンハイこQinghai hu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンハイ(青海)湖
チンハイこ
Qinghai hu

中国西部,チンハイ(青海)省東部にある湖。モンゴル語ではフフノール Xöx Nuur,チベット語ではツォゴンポ mtsho sngon poと呼ばれ,いずれも「青い海」を意味しており,省名の由来となった。クンルン(崑崙)山系のチーリエン(祁連)山脈と支脈のチンハイナンシャン(青海南山)山脈に挟まれ,湖面標高約 3200m。面積は 4200~6000km2で増減する。最大水深 38m。中国最大の半鹹水(かんすい)内陸湖で,湖水には硫酸マグネシウム,塩化マグネシウムなどの無機塩がかなり含まれている。省都シーニン(西寧)特別市からほど近く,風光明媚。生物資源も豊富で,ホワン(湟)魚と呼ばれる鱗のない魚が生息し食用に供せられる。ハイシン(海心)島など五つの島があり,ニヤオ(鳥)島には毎年 10万羽をこえる渡り鳥が訪れる。湖岸には草原が広がり,牧畜が盛ん。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チンハイ(青海)湖の関連キーワードクンルン(崑崙)山脈チンハイ(青海)省

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android