コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チンホワンタオ(秦皇島)特別市 チンホワンタオQinhuangdao

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チンホワンタオ(秦皇島)〔特別市〕
チンホワンタオ
Qinhuangdao

中国華北地方,ホーペイ (河北) 省北東部,ポー (渤) 海にのぞむ港市。ハイカン (海港) ,シャンハイコワン (山海関) ,ペイタイホー (北戴河) の3市区と3県,1自治県から成る。カイロワン (開 灤) 炭鉱と鉄道で結ばれ,民国時代から石炭の積出港として知られてきた。現在はカイロワン炭田,リヤオニン (遼寧) 省のフーシン (阜新) 炭田の独占的な積出港である。不凍港であるため,特に冬季はその他の物資も荷扱い量が増大している。 1973年ターチン (大慶) 油田と大口径のパイプラインで結ばれ,75年ペキン (北京) 市とも 355kmのパイプラインで結ばれて,飛躍的に重要性が増した。5万t級の船が停泊する石油専用埠頭を備える。テンチン (天津) 市のタークー (大沽) 港と並んで省の二大漁港でもある。橋梁用鉄骨,硬化ガラス,造船を中心にプラスチック,薬品など多種の工業が発達している。シャンハイコワンには万里の長城の城楼が残り,ペイタイホーには海水浴場があって避暑客が多い。チンハー (京哈) 鉄道が通る。人口 246万 9373 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

チンホワンタオ(秦皇島)特別市の関連キーワードポー(渤)海

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android