コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チーニン(集寧)市 チーニンJining

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チーニン(集寧)〔市〕
チーニン
Jining

中国北部,内モンゴル (蒙古) 自治区中部の市。ウランチャップ (烏蘭察布) 盟の行政中心地。農業,牧畜ともに盛んなフォンチェン (豊鎮) 丘陵の中心都市で,チンパオ (京包) 鉄道が通り,チーアル (集二) 鉄道が接続している。農畜産物の集散と加工が盛んである。近代的な食肉加工コンビナートがあるほか,醸造,毛紡織なども盛ん。羊肉缶詰,骨粉は輸出もされている。炭鉱がある。人口 19万 3084 (1990) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チーニン(集寧)市の関連キーワードウランチャップ(烏蘭察布)盟フォンチェン(豊鎮)丘陵チーアル(集二)鉄道チンパオ(京包)鉄道

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android