コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツエタケ(杖茸) ツエタケOudemansiella radicata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツエタケ(杖茸)
ツエタケ
Oudemansiella radicata

担子菌類マツタケ目シメジタケ科で,一名イッポンササゴ。夏秋の頃,林下の地上に生える。しばしば枯れ根に連なっている。傘の径5~11cmで,その形は初めは丸山形,のちにほとんど平らになり縁だけやや内側に巻き,中央はやや高まっている。傘の表面は灰褐色または黄褐色。ひだは直生で,柄は中央につき,まっすぐで太さ 0.5~1.5cm,長さ7~20cmに及ぶ。和名はこの柄の形よりつけられたもの。北海道から九州にかけて知られ,汎世界的に分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android