コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツォルフェライン炭鉱跡 ツォルフェラインタンコウアト

デジタル大辞泉の解説

ツォルフェラインたんこう‐あと〔‐タンクワウ‐〕【ツォルフェライン炭鉱跡】

Zollverein》ドイツ西部、ノルトライン‐ウェストファーレン州、ルール工業地帯の中心都市、エッセン北部にある炭鉱跡。19世紀半ばに採炭が始まり、20世紀初頭に最盛期を向かえ、1986年まで操業が続いた。1932年に建てられたバウハウス様式の採掘坑など貴重な産業遺産があり、2001年に「エッセンのツォルフェライン炭鉱業遺跡群」として世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ツォルフェライン炭鉱跡の関連キーワードエッセンのツォルフェライン炭鉱業遺産群関税同盟

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android