コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガタケ(栂茸) ツガタケCortinarius claricolor

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツガタケ(栂茸)
ツガタケ
Cortinarius claricolor

担子菌類マツタケ目フウセンタケ科。夏秋の頃,主として山地の針葉樹林下の地面に群生する。傘はまんじゅう形から平らになる。縁は内側に巻いている。径4~7cm,1.2~2cmの太さで長さ6~9cmの柄をもつ。繊維状の綿毛のような被覆物から中央が亀裂した鱗被を生じる。傘の表は黄褐色,柄はやや黄色がかった黄土色,胞子紋は褐色。食べられる。日本の本州,ヨーロッパ北アメリカに産する。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android