コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツキヌキソウ Triosteum sinuatum Maxim.

世界大百科事典 第2版の解説

ツキヌキソウ【Triosteum sinuatum Maxim.】

高原の湿ったところにはえるスイカズラ科多年草(イラスト)。対生する葉が基部合着し,が葉を突き抜いているようなのでこの名がある。茎は直立し,高さ約1m。全体にみつ腺や長い毛が密生する。葉は全縁または波状に切れ込み,長さ10~20cm。花は5~6月に茎の上部の葉腋(ようえき)に1~3個ずつつく。花冠は筒状鐘形,長さ2.5cm,淡黄緑色で内側は紫褐色。子房は下位,4室でうち1室は退化する。果実は長さ1cmくらいの卵球形,5裂した萼が残る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツキヌキソウ
つきぬきそう
[学]Triosteum sinuatum Maxim.

スイカズラ科の多年草。茎は高さ60~80センチメートル。全体に軟毛が密生する。葉は対生し、基部は合着して茎が突き抜けたようにみえるので、この名がある。5~6月、葉腋(ようえき)に1~3個の花を開く。花冠は淡黄緑色で、長さ2.5センチメートル。子房は下位で4室、そのうち1室は発育不完全である。長野県にまれに生育し、中国東北部、ウスリーにも分布する。ツキヌキソウ属はヒマラヤと東アジアに6種、北アメリカに4種分布する。[福岡誠行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツキヌキソウの関連キーワード突貫草