ツグミモドキ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツグミモドキ
つぐみもどき
thrasher

鳥綱スズメ目マネシツグミ科ツグミモドキ属に含まれる鳥の総称。この属Toxostomaの仲間は、いずれも北・中央・南アメリカに分布している。体はヒヨドリぐらいで、嘴(くちばし)はやや長く湾曲しており、尾は長めである。代表種のチャイロツグミモドキT. rufumは全長29センチメートル。上面は赤みのある褐色、下面は淡色で斑点(はんてん)がたくさんある。北アメリカ東部に広く分布し、森林にすみ、人間を恐れない。[柳澤紀夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android