コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツヅラセメクラチビゴミムシ

百科事典マイペディアの解説

ツヅラセメクラチビゴミムシ

鞘翅(しょうし)目オサムシ科の1種。洞窟性のチビゴミムシで日本固有種。体長4mm内外で,複眼が退化している。1950年代に大分県津久見市の洞窟で発見され,新種として記載された。その後,石灰岩の採掘によって最初の発見地の洞窟は消滅した。現在の生息状況は不明である。絶滅危惧IB類(環境省第4次レッドリスト)。
→関連項目メクラチビゴミムシ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android