コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツメレンゲ(爪蓮華) ツメレンゲOrostachys erubescens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツメレンゲ(爪蓮華)
ツメレンゲ
Orostachys erubescens

ベンケイソウ科の多年草で,アジア東部の暖温帯に分布する。日本では関東地方より西の山地の岩上や,人家の屋根の上などに生える。多肉質のが茎に密生し,上部の葉は細長い披針形で先端は鋭くとがり,下部の葉はへら形で先にとげがある。9~10月頃,長さ 20cmほどの花茎を伸ばし,白色5弁の小花を総状花序に密につける。花には淡緑色の小さな萼片と長さ 5mmほどの白い花弁が各5枚ある。おしべは 10本で,葯 (やく) は赤い。開花した株は枯れ,下部から側枝を出して子苗をつくる。和名は葉の形状が獣の爪に似ているためという。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツメレンゲ(爪蓮華)の関連キーワードベンケイソウ科

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android