コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルシダ Oleandra

世界大百科事典 第2版の解説

ツルシダ【Oleandra】

タマシダに近縁シダ類であるが,一見,低い灌木に似た種もあるツルシダ科の多年生,常緑草本。根は地上をはうものもあるが,直立するものでは質は硬く,低いやぶをつくり,密に圧着した鱗片によっておおわれる。根茎に関節をつくって出る葉はまばらにつくか,等間隔に房状につき,単葉で,全縁,多くは狭楕円形で,先端はとがり,紙質から革質葉脈遊離脈で,平行して葉縁に走る。胞子囊群は葉脈の上につき,しばしば中肋に近接する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ツルシダの関連キーワードタマシダ玉羊歯

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android