コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルタケ(鶴茸) ツルタケAmanita vaginata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルタケ(鶴茸)
ツルタケ
Amanita vaginata

担子菌類マツタケ目テングタケ科。夏秋の頃,林内の地上に散らばって生える。傘は径5~8cm,初め鐘形で開ききると平らになり,太さ 10~15mm,長さ9~12cmの柄をもっている。表面は灰色または淡褐色,まわりは色が薄く著しい放射状の筋がみえる。柄の下部には鞘状の壺がある。食用となるが,同属のものにテングタケのような猛毒のものがあるので注意を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android