コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルタケ(鶴茸) ツルタケAmanita vaginata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルタケ(鶴茸)
ツルタケ
Amanita vaginata

担子菌類マツタケ目テングタケ科。夏秋の頃,林内の地上に散らばって生える。傘は径5~8cm,初め鐘形で開ききると平らになり,太さ 10~15mm,長さ9~12cmの柄をもっている。表面は灰色または淡褐色,まわりは色が薄く著しい放射状の筋がみえる。柄の下部には鞘状の壺がある。食用となるが,同属のものにテングタケのような猛毒のものがあるので注意を要する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android