コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアゲネス Theagenēs

1件 の用語解説(テアゲネスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テアゲネス【Theagenēs】

古代ギリシアメガラの僭主。生没年不詳。富裕者の家畜の群れを屠殺することによって民衆の信頼を得,前640年から前620年ころにかけて僭主の座を保つ。その娘むこであったアテナイのキュロンが,前632年ころにデルフォイの神託をうかがってクーデタを起こし,政権を奪取しようとしてアクロポリスを占領したときに,テアゲネスは兵力をもって支援した。しかし,このたくらみは破れ,やがてテアゲネス自身もメガラから追い払われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のテアゲネスの言及

【ギリシア神話】より

… ギリシア神話についての解釈もギリシア自身に始まる。前6世紀の自然哲学者クセノファネスはその擬人観を批判したし,同じ世紀のテアゲネスTheagenēsは神々を擬人化された自然力または倫理的原理とみなすことで神々の栄誉を救おうとした。寓意的解釈の濫觴(らんしよう)であった。…

※「テアゲネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テアゲネスの関連キーワードアテネアリオンカラスギリシアヘロドトスメガラギリシャ語ギリシャ文字トロイア戦争『荘子』

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone