コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアゲネス Theagenēs

1件 の用語解説(テアゲネスの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テアゲネス【Theagenēs】

古代ギリシアメガラの僭主。生没年不詳。富裕者の家畜の群れを屠殺することによって民衆の信頼を得,前640年から前620年ころにかけて僭主の座を保つ。その娘むこであったアテナイのキュロンが,前632年ころにデルフォイの神託をうかがってクーデタを起こし,政権を奪取しようとしてアクロポリスを占領したときに,テアゲネスは兵力をもって支援した。しかし,このたくらみは破れ,やがてテアゲネス自身もメガラから追い払われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のテアゲネスの言及

【ギリシア神話】より

… ギリシア神話についての解釈もギリシア自身に始まる。前6世紀の自然哲学者クセノファネスはその擬人観を批判したし,同じ世紀のテアゲネスTheagenēsは神々を擬人化された自然力または倫理的原理とみなすことで神々の栄誉を救おうとした。寓意的解釈の濫觴(らんしよう)であった。…

※「テアゲネス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone