コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアトロ・ファルネーゼ Teatro Farnese

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアトロ・ファルネーゼ
Teatro Farnese

イタリアのパルマにある劇場。 G.アレオッティによって 1618~19年に建設され,28年から劇場として使用された。プロセニアム・アーチを劇場機構として備えた最古の劇場。これによってのちに各場面の装置の転換が可能となった点で,世界劇場史上大きな意義をもつ。また観客席も,従来の半円形階段状と異なって,U字形段状である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のテアトロ・ファルネーゼの言及

【額縁舞台】より

…劇場の舞台のうち,客席から明確に切り離され,観客には額縁で囲まれた一幅の絵のように見えるものをいう。現存する最古の例は,イタリアのパルマにあるテアトロ・ファルネーゼTeatro Farnese(1618年,アレオッティGiovanni Battista Aleotti設計,1628開場)である。これはすでにそれ以前の劇場にも見られた遠近法に従う背景を採り入れただけでなく,この背景を転換可能なものにし,さらに舞台と客席の境に,舞台をかこむ額縁の役割を果たす,装飾を施した恒常的なプロセニアム・アーチproscenium archをすえた。…

【劇場】より

…これには,この時期に開発され急速な進展を見せた透視図法が奥行きの感覚をもった舞台背景や書割をつくり出したことが大いにあずかっていると言えよう。こうして17世紀の初め,アレオッティGiovanni Battista Aleotti(1546‐1636)が設計したパルマの宮廷劇場テアトロ・ファルネーゼ(1619)において,以後の劇場建築で広く用いられるプロセニアム・アーチproscenium archが登場する。これは奥行きの深い舞台の前方に額縁状の枠を配して観客席との間を仕切るものである。…

※「テアトロ・ファルネーゼ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テアトロ・ファルネーゼの関連キーワードプロセニアム・アーチ額縁舞台

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android