コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティアマット Tiamat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティアマット
Tiamat

バビロニア=アッシリア神話の原初の海の女性人格神。大洋の人格神アプス (甘い水) とティアマット (辛い水) が溶け合ったとき,ムンムと,ラム,ラハムというへびの夫婦が生れ,そのへび夫婦からアンシャルとキシャルが,さらに彼らからアヌマルドゥク,エア,そのほかの神が生れた。ティアマットは世界を生んだ女性的要素と考えられる。神々がふえて騒がしくなったので,アプスとティアマットは子孫を根絶しようとするが,エアに気づかれたうえアプスとムンムが翻心し,怒ったティアマットはへびや竜,巨人,つむじ風などをつくった。彼女を討つためエアとアヌが派遣されたが失敗し,ついにマルドゥクによって彼女は殺された。その身体は両断され,半身で天空の穹窿が,他の半身で大地がつくられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ティアマットの関連キーワードエヌマ・エリシュ

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android