コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アプス アプスApsu

6件 の用語解説(アプスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アプス
アプス
Apsu

古代メソポタミア神話の神。地下に広がると観念された,地上のすべての水の源をなす淡水を神格化した存在で,太古に,海水を神格化した蛇形の女神ティアマットと夫婦になり,この両者からすべての神々が生じたとされる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

アプス
アプス
apse; apsis

建築用語。アプシスともいう。一般的には,建造物端部の半円形もしくは多角形の突出部をさし,ローマの浴場建築,バシリカにその例があり,またキリスト教の場合に限らず,さまざまな宗教空間の最奥部に多くみられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

アプス

建築用語。後陣。ローマ時代のバシリカでは,長方形の一端に張り出した半円形の部分をいい,一般に裁判官の席が設けられた。キリスト教の教会堂建築では東側の頭部を形造る半円形で,司教座や祭壇がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アプス【apse】

アプシスapsisともいう。(1)ひとつの部屋から張り出して造る,半円またはこれに近い多角形平面の空間。天井には通常,半ドームをかける。古代ローマで盛んに造られた。ドームは宇宙の象徴と考えられたので,半ドームをかけたアプスは特別な場所として利用された。(2)キリスト教聖堂において,入口と反対側(通常東側)の身廊の端部に設けられる同様の張出し部分。長方形平面のこともある。初期キリスト教聖堂では半円の壁沿いに聖職者の座席(エクセドラ)を設け,その前方に大祭壇を安置した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

アプス【apse】

建物または部屋に付属する半円形の張り出し部分。アプシス。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のアプスの言及

【教会堂建築】より

…キリスト教会が皇帝礼拝の儀式を借用したのと同様に,この形式は皇帝や地方総督の宮殿の謁見用バシリカに負うところが大きいと考えられる。太陽をキリストの象徴としたところから,5世紀以降の教会堂はアプス(後陣)を身廊の東端に配置し,教会堂の方位を統一した。また施物や祭具を収納し,聖餐を準備する室をアプスに近い位置に造り,トリビューン(階上廊)やトランセプト(交差廊)を設けたが,これらの改良は主としてビザンティン帝国で行われた。…

【ニッチ】より

…ニッチの床は一般に周囲の床や地表より高くするが,同じ高さとすることもある。ニッチは壁厚の範囲内に造られ,背面はアプスのように壁から外へ突出しない。【飯田 喜四郎】。…

【バシリカ】より

…西洋古代から中世にかけて発達した建築の一形式で,その形式による建造物もバシリカと呼ぶ。長方形プランで長辺か短辺の中央に半円形のアプスがはり出す。古代地中海地方では,バシリカはおもに王宮の〈謁見の間〉,裁判所,取引市場などの公共建築に用いられた。…

※「アプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アプスの関連情報